読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

約2ヶ月ぶりの更新

ブログの更新を怠り、書くネタが溜まる一方、ブログを書く時間が取れず、放置した結果、あっという間に2ヶ月が経過した。新年度を迎えた今日、思い立って久しぶりに更新してみることにした。

 

今更詳細に書いていられないので、印象的な出来事だけ簡単に書いてみる。

 

2月11日 キューピットバレイスキー場

先輩Yさんに、「板に乗る」ことと「身体のひねり」を上手く使うことの重要性を教えてもらい、さらにスキーが上達する糸口をつかんだ。

 

2月12日 シーサイドバレースキー場

前日言われたことをひたすら練習。板にしっかり乗ることでカーブすること、身体のひねりを戻すことでターンの切り替えがスムーズにできることを体得。

 

2月16日 東京出張1日目

新幹線に乗り込むや否やiPhoneが固まり、パニック。幸い、強制終了することで無事に復活。東京に着いたら、ビッグサイトでのセミナーに出席。夜は、大学時代の恩師と2時間の面談。今の仕事や将来やりたいことについて、ざっくばらんに話し合った。

 

2月17日 東京出張2日目

午前は朝一で友人Sと会った後、大学で仕事、午後は再びビッグサイト。夜、渋谷で友人Iと飲む。その後、横浜在住の別の友人Z宅へ。泊めてくれてありがたい。

 

2月18日 東京3日目

お昼に、荻窪で友人2名とランチ。カレーの名店「トマト」に行けなかったのは残念。その後カラオケして解散。次いで、上尾にある親戚宅へ。お子さんはもう小2になっていた。ベイブレードで遊ぶ。

 

2月19日 東京4日目

有楽町で速読セミナーを受講。2万円以上も払ったのだから、訓練を続けて、しっかり習得したい。夜は銀座で友人Lとディナー(カツカレー)。慌ただしい4日間だったが、多くの人と会えた幸せな4日間でもあった。会った人たちには、今自分が考えていることを話した。皆応援してくれているようだった。あとは、自分の覚悟次第である。頑張れ、自分。

 

2月25日、26日 僧ヶ岳冬山登山

僧ヶ岳(1855m)へ1泊2日の冬山山行。テントを持たず、雪洞で1泊する計画である。初めての経験にワクワク。1日目は天気に恵まれ、快適な雪洞内で冬山を満喫。2日目はなんとか登頂に成功するも、下山時にホワイトアウトに襲われ、あわや遭難の一歩手前。冬山の厳しさを改めて思い知った。

 

3月3日 ドライブ

東京から出張でやってきた会社の同期とドライブ。相倉集落と白川郷まで足を伸ばした。夜は金沢でマクロビオティックのレストランを発見。大満足の一日。

 

3月5日 大平山・濁谷山

天気が良く、思い立って山へ。快適な絶景雪上散歩となった。

 

3月12日 シーサイドバレースキー場

来週に控える初のバックカントリーに備え、最後のスキー練習。Yさんが貸してくれたテレマークスキーの板で滑りまくる。さらに上達の手応えを覚えた。

 

3月15日 東京日帰り出張

1年間の成果発表。まずまずの出来栄え。

 

3月18日 黒倉山・鍋倉山バックカントリー

初の山スキー。天気は快晴。心が踊る。シールを付けてスキーを履いたまま山を登るのは新感覚。面白いぐらいにスイスイ進む。3時間もかからずに2つの山のピークを踏んだ。あとは、滑り降りるだけ。鍋倉山の北側斜面を降りる。40度を超える斜面なので直滑降は無理。斜滑降を繰り返しながら、無事に降りることができた。今年はスキーの楽しさを知ることができた。来年はテレマークスキーをマスターしたい。

 

3月20日 東京へ

翌日から中国へ9日間の出張。前日で東京入りするのだが、友人と会うため、朝に移動することに。だが、家を飛び出した直後にiPhoneを落とし、画面を破損。さらに、電車にも間に合わず。泣きっ面に蜂とはこのこと。だが、悔やんでも仕方ない。一本後の電車に乗り、結局予定より1時間遅れて東京に到着。後楽園ラクーアで友人Hとランチ。午後はホテルにチェックインした後、秋葉原へ。割れた画面の応急処置として、「スマホの絆創膏」を購入、ホテルに戻って早速貼り付けた。夜は、六本木一丁目へ。幼馴染の家族と久しぶりに会い、焼肉を食べた。その後、某先生とのアポのため、大学へ。有意義な話が聞けた。ホテルに戻る前に、友人Yと10分ほどの再会。長い長い一日だった。

 

3月21日〜29日 中国出張

初めての海外出張。もちろん仕事が第一だが、アフターファイブは毎晩のようにあちこちのレストランへ。中国料理は美味すぎる。毎食、お腹いっぱい食べた。週末はプライベートで南京へ。非常に充実した9日間であった。

 

ざっくりと書けば2ヶ月分のブログでも1時間あれば書ける。詳細に書くとこれの5倍、いや10倍以上の時間がかかる。これまではその余裕があったが、最近はその余裕がない。なぜなら、大きな”決意”をしたからである。その内容はまだ具体的に書けないが、そのスタート地点に立つためには、呑気にブログを書いている時間はないのだ。だから、しばらくはブログの更新を控えるつもりである。当然、山に行く機会も大幅に減るであろう。

 

これから大きな挑戦をしてみようと思っている。

 

f:id:chocomountain:20170401235253j:plain