読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

快晴の妙高杉ノ原スキー場

今週末も、職場の先輩方とスキーである。4週連続、5回目のスキー場に選ばれたのは、妙高杉ノ原スキー場であった。これまでは、白馬八方尾根、白馬乗鞍温泉、白馬岩茸、シャルマンであった。初の上越妙高方面ということになる。

 

北陸自動車道を東進し、上越JCT上信越自動車道に入る。程なくすると、すぐに雪の量が増え、絶景となる。正面の山は妙高山(2454m)だ。

f:id:chocomountain:20170207205107j:plain

 

気持ちの良い青空が広がり、絶好のスキー日和となりそうだ。

f:id:chocomountain:20170207205111j:plain

 

8時前に到着し、支度を整えて、リフト券を購入する。モンベルクラブのカードを見せれば、5人まで1000円引きで買える(4500円→3500円)。まだ人は少ない。早速、長さ3kmに及ぶ長大なゴンドラに乗り込んだ。

f:id:chocomountain:20170207205115j:plain

 

先週のシャルマンで一気に上達した。その感覚を思い出すように、ゆっくり滑りながら、基本的な動作を確認する。ほとんど転ぶことなく、軽やかに滑ることができた。

f:id:chocomountain:20170207205118j:plain

 

三田原ゾーンの方が人が少ないので、そちらで何回か滑り、「トロイカ」にて昼食を摂る。

f:id:chocomountain:20170207205124j:plain

 

昼食後は、最上部まで足を運び、ゴンドラ下部までの長い滑りを楽しむ。

f:id:chocomountain:20170207205128j:plain

 

パラレルターンも、かなり上達してきたように思う。

f:id:chocomountain:20170207205132j:plain

 

このスキー場はコース長さだけでなく、コース幅も広く、人がたくさんいても、それほど窮屈な感じはしない。最高のスキー場だ。

f:id:chocomountain:20170207205137j:plain

 

朝から午後まで、ずっと遥か彼方190km先の富士山が見えていた。

f:id:chocomountain:20170207205140j:plain

 

午後3時半まで思う存分滑り、帰路につく。黒部に新しくできた焼肉食べ放題の「カルビ大将」でがっつり夕食。大満足の一日となった。

f:id:chocomountain:20170207205146j:plain