読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

スノボ上達のための忘備録

以下は単なる覚え書き。スノボの滑り方について詳細に書いてあるホームページはいくつもあるので、詳しいことはそちらに譲る。

 

1. 木の葉滑り(サイドスリップ&木の葉落とし)

・前向きの時は、かかとに体重をかける。

・後ろ向きの時は、つま先立ちするイメージで、脛に圧力を感じる。

・どちらの向きでも、膝は伸ばさずに曲げる。

・体重(重心)は基本的にはボードの中央。

・進みたい方向を見て、進みたい方向の脚に体重をかけると、その方向に進んでいく(木の葉落とし)。

 

2. ターン

・肩を進みたい方向に回し、進みたい方向を見る。

・体が横を向くまでは、ゆっくり動作する。

・体が横を向いたら、かかと⇆爪先を切り替え。

・ターン中はしっかりエッジを効かせて減速。スキーと同じく、ターン前半でいかに減速できるかが大事(これは自分なりの仮説)。

・ターンが深くなりすぎないように注意。一つのターンが終わったらすぐに肩を元に戻し、次のターンの準備をする。

逆エッジになるとすぐに転んでしまう。切り替えの際は特に注意。

 

3. 転び方 

まずしゃがみ、頭を下げて後ろに倒れ込むか、前に倒れて全身で受け身を取る。脚は斜面から上げること。また、手をついてはならない。