読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

いかに強く生きるか

今朝、何気なくYahoo! JAPANのトップページを開くと、電通の新入社員が昨年12月に社員寮で投身自殺し、その死が過労死と認定されたというニュースが目に飛び込んできた。

 

東大出身の才女であっただけに残念なことこの上ない。最悪の事態を避けられた方法はなかったのかと考えてしまう。

 

以下は、この事件を通して色々考えた忘備録である。

 

現代社会でうまくやっていくのに必要なのは、自分に降りかかってくる様々なストレスにとらわれず、強く生きる力だ。社会に出ると、悪い人はそこらじゅうにいて、理不尽なこともたくさん起こる。それらをいかに、自分のストレスとして溜め込むことなく、笑ってやり過ごせるか、が現代社会では重要な能力だろう。

 

そのための力は、学校では教えてくれない。小中高はもちろん大学でも、基本的には知識を詰め込まれる。そのため、勉強ばかりしていると、社会の荒波に揉まれる力が育たない。就活で、学業に打ち込んだとアピールしても、あまりいい印象を持たれないのは、そういった事情が背景にあるからなのだろう。社会に出るまでは、色んな活動をして、辛い経験もしておいた方が、ストレスに強い人に育つのであろう。

 

もう一つ、強く生きられる人は多様な価値観を持っている人だと思う。世の中には無数の価値観がある。どの価値観が絶対に正しいということはない。どの価値観にも一長一短がある。一つの価値観で生きてきて、行き詰まった時、それはその価値観が通用しなくなっただけのことであり、別の価値観にシフトすれば、案外道が開けることがある。様々な本を読んだり、色んな人と交流したりして、様々な価値観に触れておくのは、そういった意味で深い”教養”となるのであろう。