読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

鈴懸の木

私の住む街でも街路樹として植えられている鈴懸の木。

 

この木を見ると故郷を思い出す。

 

祖父母はいつでも私に優しかった。

 

あの頃、大きな鈴懸の木が植えられた街道を祖父母とよく歩いていた。

 

あの道沿いの鈴懸の木は本当に立派であった。

 

道路の上を完全に覆うくらいの大きさで、夏は緑のトンネルとなった。

 

秋は鈴のような実をつけ、冬は大きな葉っぱを一斉に道路一面に落とした。

 

社会人となった今、遠い故郷に帰る機会はなかなか訪れない。

 

それでも、あの道の風景は私の心にしっかり刻み込まれている。

 

鈴懸の木。

 

私にとっては、異郷の地にいても故郷を感じさせてくれる大切な木だ。

 

祖父母は今でも元気にしているだろうか。