読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

まんだらナイトウォーク

本日は、まんだら遊苑で年に3日間のみ開催されるイベント「まんだらナイトウォーク」の最終日である。ぜひ見に行っておきたい。

 

早めの夕食を食べ、午後6時前に家を出る。綺麗な空だ。

f:id:chocomountain:20160828225439j:plain

 

約1時間でまんだら遊苑に到着。さすがはイベント開催中とあって結構な賑わいであった。5月に来た時とは大違いである。それにしても、家族連れやカップルが多い。一人で入るのには少し勇気がいる。本当なら、誰かさんと一緒に来たかったが、人生そんなに甘くないものである。

 

400円を払い、いざ地獄の世界へ。まずは地界である。閻魔堂の狭い通路の曲がり角で知らない女性と出会い頭の小さな事故が発生。びっくりしてお互い笑ってしまった。どうやら地獄でも楽しいことは起こるようだ。

f:id:chocomountain:20160828225712j:plain

 

苑内の至るところにキャンドルが設置されていて、地獄だがロマンチックという異次元の空間となっていた。

f:id:chocomountain:20160828225801j:plain

 

地界の全景。綺麗だが、阿鼻叫喚がこだましている。

f:id:chocomountain:20160828225840j:plain

 

橋を渡って陽の道へ。ここも地面に置かれたキャンドルの炎が揺らめき、独特の雰囲気を形成している。

f:id:chocomountain:20160828225908j:plain

 

灯籠流しを想起させる演出だ。癒しの空間である。

f:id:chocomountain:20160828225925j:plain

 

キャンドルのオブジェを発見。格好の被写体だ。

f:id:chocomountain:20160828230001j:plain

 

お洒落な器に入ったキャンドルたち。これも格好の被写体である。

f:id:chocomountain:20160828230031j:plain

 

天界の入り口までやってきた。これは蓮の葉をイメージしているのだろうか。

f:id:chocomountain:20160828230112j:plain

 

たくさんのカラフルな明かりが、宇宙に存在する無数の星々を連想させる。

f:id:chocomountain:20160828230258j:plain

 

ピンボケの写真も風情があって良い。

f:id:chocomountain:20160828230449j:plain

 

天界〜闇の道は写真撮影が禁止されているため、写真はここまで。40分ほどの非日常空間での散策を楽しんだ。まんだらナイトウォーク、なかなか良い。