読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

研究室の仲間と集う

東京に着いて最初に向かったのは大学のキャンパスであった。久しぶりに学食を食べたくなったのだ。キャンパスの中は特に目立った変化はなく、あの頃と同じ風景がそこにあった。ここを離れてもうすぐ1年半が経つと思うと感慨深くなる。

 

懐かしの学食でお腹いっぱい食べた後、メトロで神保町へ向かった。3年間の研究室生活でお世話になった先生が教授に就任されたということで、祝賀会が開かれるのだ。研究室の現メンバーからOB・OGまで多くの人が集まった。久しぶりの再会に喜び合う。

 

今回の祝賀会では、現役の学生やOB・OGから選ばれた10名が3分間のスピーチをすることになっていた。各々が、用意してきたスライドを使い、研究室の思い出や近況の話、先生へのメッセージなどを話した。スピーチの内容に対して、先生が講評する。様々なエピソードが飛び出し、大いに盛り上がった。

f:id:chocomountain:20160731174042j:plain

 

あっという間に2時間が過ぎ、一次会は終了となった。二次会はカラオケが予定されていた。当然参加する。二次会では、近況の話をしつつ、皆が十八番の歌を歌った。皆びっくりするほど歌が上手い。驚きの歌唱力で皆の度肝を抜いたのは、英語版のLet it goを熱唱した秘書のHさんであった。

 

こうして楽しい時間はあっという間に過ぎていった。午後8時頃に二次会が終了。短い時間ではあったが、同じ研究室を巣立ち、各地で活躍している仲間がたくさん集まったことを先生はとても喜んでいたようだった。

 

各々が帰路へつく。私は、友達Y氏の家に泊めてもらう予定であったが、帰宅が遅くなりそうとのことなので、夜の東京の街をぶらぶらすることにした。東京メトロの24時間券を持っているのでメトロは乗り放題である。半蔵門線に乗り込み、水天宮前駅で降りた。ふらふら隅田川沿いへ。涼しい夜であった。そのまま川沿いを北上し浅草方面へ歩く。スカイツリーが綺麗である。

f:id:chocomountain:20160731181633j:plain

 

1時間ほど歩き、浅草に到着。夜の仲見世通りは裸の電球が放つやわらかい光に包まれており、ノスタルジックな雰囲気である。こうして、富山では味わえない大都会の夜の散歩を思う存分楽しんだ。

f:id:chocomountain:20160731181703j:plain

 

メトロに乗り込み、根津にある友人Y氏の家に向かう。どっと疲れが押し寄せてきた。ぐっすり眠れそうだ。