読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに 〜山、旅、心〜

山登りの記録や、旅の記録、日常生活の中で感じたことをのほほんと綴るブログ

ドライブキャンプ旅行のはじまり

本日からGWである。5月6日に仕事が入っているものの、概ね10連休ということになる。5月2日までは両親と一緒に旅行、5月3〜5日は、山仲間と大日岳に行く予定である。

 

四国に住んでいる両親が富山に着いたのは昼の12時前であった。まずは、富山でお世話になっている方と一緒にランチである。その方と知り合ってから、色々気にかけて頂いていたので、ぜひ両親を紹介したかった。同郷の者どうし、すぐに打ち解けることができ、楽しいランチ会となった。

f:id:chocomountain:20160505175556j:plain

 

ランチ後は高岡市へ移動である。今回はキャンプをしながら、富山や能登半島を観光するドライブ旅行だ。今まで家族でドライブ旅行は何度もしたが、キャンプは初めてだ。そのために、snowpeakのアメニティドームを買った。このテントは両親にプレゼントする。

 

1日目は、初使用ということもあり、組み立てに手こずる可能性があるため、夕方5時にはチェックインした。二上山キャンプ場である。炊事場、トイレも近く、素晴らしいオートキャンプ場だ。しかも利用料金は無料。

 

テントの底の汚れ・傷つき防止のために、まずは、地面にブルーシートを敷く。次いで、折りたたんであるポールを伸ばし、テントの天井となる部分に通していく。2本通し終えたら、ポールを曲げて四隅のピンに刺し、テントを立ち上げる。入り口上部にもポールを通す。最後にフライシートをかぶせ、ペグダウンする。初めての作業であったが、youtubeにアップされていた動画を見ながら作業したことで、まずまず順調に組み立てることができた。

f:id:chocomountain:20160505180126j:plain

 

テント内部は2.7m × 2.7mあり、巨大な前室も付いていて、3人で使うには十分すぎるサイズだ。テント内にアルミシートを敷き、寝袋等をテントに運び入れる。親は夕食の準備に入る。氷見の大阪屋で購入した野菜や肉を使っての鍋である。今日は非常に冷え込んでいるため、鍋が似合う。カセットコンロが大活躍だ。非常に美味しく頂くことができた。

f:id:chocomountain:20160505180611j:plain

 

食事の後は、少し散歩してみた。山頂近く(?)の展望台まで行ってみることにした。辺りはもう真っ暗であり、夜の山道は街灯ひとつなく暗い。懐中電灯ひとつで照らしながら、家族3人で歩けば怖くない。20分ほどで展望台に到着すると美しい高岡の夜景が広がっていた。

f:id:chocomountain:20160505181246j:plain

 

テントに戻り、就寝の準備に入る。夏用のシュラフを持ってきていた。3人が入れば、テントの中は外よりだいぶ暖かくなるが、それでも寒いため、ヒートテックのタイツを履いて寝ることにした。さらに寝袋の上から羽毛ぶとんをかぶせる。翌朝は5℃前後まで冷え込むのだ。防寒対策必須である。

 

午後10時。就寝。明日からの能登半島の旅に備えてじっくり眠ろう。